melt into sparkle

遥か遠く 群青の写真の中で 笑いかける 君は僕になって

ついに自担の名前が雑誌から消えました

 

ついに自担の名前が雑誌から消えました

 

この日が来るのは覚悟していたけれど。

 

 

 

 

 

普通対立する相手がいても、「そう言う考え方があるのもわかる。でも、譲れない」って言うのが多いと思う

 

自分が自分の正義を振りかざした相手にも相手なりの正義がある。相手を無理やり自分の正義で変えるのではなく、自分が変わった方が楽。関わらなければいいっていう記事を見たことがある。

 

 

 

正論。知ってる。めちゃくちゃ正論。

 

 

でも、ジャニーズに関わらない、見ない=Love-tuneに関わらない、見ないってことでしょ?

 

 

 

 

一番遠ざかりたいものに私が一番譲れないものが近くにあるっていう

 

なんていうジレンマ

 

 

 

 

 

 

一体何があるんだ。

納得できるできないは別として、そっちの言い分を聞かせてくれ

君らの正義を聞かせろ。

 

 

 

 


正直、夏から思ってる。

消すなら全員消せよってね。

ものすごく冷たい見方なのわかってる

ものすごく贅沢な願いだった

自担は雑誌に載ってたから

4人も載らないなら、3人も載らなくてよかったと思ってた

 

 

 

 

 

 

 

どうして一人一人消して行くの?

君らの意図は?

 

 

 

 

 

 

 

 

雑誌に載らないって分かってながら、

 

キスマイの見学に来たモロはらぶ担にLove-tuneポーズを返した

 

怜央は「頑張るので応援よろしくお願いします」ってギュってファンの子の手を握ってた

 

20代の若者に何させてんの?事務所

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Love-tuneがまとめて違う事務所に所属するんだったら、5年以上背負ってきたジャニヲタなんていう肩書き秒で捨ててやる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


酷い話、他のジュニアのことまっすぐに嫌いになれたらどんだけ楽だろうって思っちゃう

でも、みんないい人なの分かってるから、嫌いになれない

 


いい人で頑張り屋じゃなきゃ、ここまで残ってない。

 

 

 

 

 

 

それは、Love-tuneも例外じゃないわけで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僻んじゃいけない。たぶんLove-tuneの何かがダメだったんだ

ってどこか思っちゃいそうになる

 

 

 

 

 

 

でも、Love-tuneのみんなが選んで進んできた道を事務所が全てを抹消しようとしても、

私はLove-tuneが進んできた道を守りたいし、

誰も肯定しないのなら、私は全力で肯定したい

 

 

 

 


事務所はなかったことにしてきたグループはたくさんあるよ、知ってる。

 

 

 

 

 

 

今までなかったことにしてきたグループとは経緯が違いすぎる気がする。

 

 

 

 


こんないきなり忽然と消されるグループは見たことない。

 


他のグループ結成で実質解体になったグループとかは結構あると思うけど、Love-tuneはいまだにそういうことになってない。

だから、他のグループ担当の人がもうLove-tune終わりでしょ、何言ってんのって言われても、どれだけそのおかしさが伝わらなくても、

「おかしくない??」って言い続ける。

 

 

 

だって何かがおかしいんだもの

それがLove-tuneを諦められない大きな理由の1つ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


それに、

Love-tuneをなかったことにするには、あまりにもLove-tuneが残してきたものが大きすぎるし多すぎる

 

 

 

 


Love-tuneと一緒に増えて行く思い出を半分こするには、

らぶ担が必要じゃない?

 

 

受験で全部諦めてきた。単独だって引っ越しと重なった

 

まだLove-tuneをこの目で見られてないんだよ?

 

 

 

 


私は誰がなんと言おうとも

Love-tuneを気の済むまで応援するから。

 

 

 

もともとLove-tuneは「謙ちゃんがいるグループ」で怜央に一目惚れして、気がついたらLove-tuneが好きになってた

 


順番は違うけど長妻担である前にらぶ担に気がついてたらなってた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私はこれからもLove-tune

諦められないし、

諦めたくないし、

諦めてやるもんかって思う

Love-tuneのことを社会に訴えようとしたけど、諦めてしまった原稿

 

 

 

 

 

 

このツイートで書いていたLove-tuneのことに関する文章。

Love-tuneのことを知ってもらうことが重要だと思った、とおっしゃっている方がいました。

私も同じように思っていたので、新聞の読者投稿欄に投稿しようかと思った次第です。

でも、いろいろ調べていたら「そもそも匿名希望が通るのか」など怖くなったので、結局新聞に投稿することなく終わった文章をここに供養します。

どうぞ度胸がない私を笑ってください。(とか言いつつ、500字にまとめられない気がしたのも投稿しなかった要因の1つ)

 

 

 

 


私はとある芸能事務所に所属しているグループが好きです。でもまだ正式なアイドルグループではなく、CDデビューを目指す人たちです。

今、彼らの仕事が何らかの圧力を受けて、無くなっていると考えられます。かつて肩を並べていたグループが他に3つありました。そのグループには新しい仕事がどんどんやってきます。しかし、私の好きなグループには、今年に入ってから新しい仕事はなく、減る一方で、去年までで決まっていた仕事しかありません。

しかし、何故仕事がこないのか、なにも事務所側から説明はありません。ファンクラブには彼らの名前で登録しているのに、おかしいと思うのです。

説明できない何かがあるのではないか、と勘ぐってしまうのも、無理はない話です。

彼らのことに関して、さまざまな憶測が飛び交っています。もしかしたら、その中に正解があるのかもしれませんが、本当に現代社会の嫌なところを全て固めたような状況に嫌気がさし、そのような憶測は全て無視するようになりました。憶測は憶測にしかすぎません。

 

 

最近はグループのメンバーが半分以下しかアイドル誌に載りません。さらに、バラバラに載っています。

そんな中、1人はラジオのレギュラー番組があります。11月にメンバーの2人(1人は主演)が出る映画があります。主演をする彼はそのラジオのパーソナリティです。

しかし、その映画が終われば、私たちファンはラジオとメンバーが半分以下しか載らない雑誌で、毎回、これが最後なんじゃないか、とドキドキしながら過ごしています。

先ほど申し上げた映画のなかで、彼らが数曲もつオリジナル曲のうちの一曲が、挿入歌として使われる、という話を雑誌で読んだファンが手紙をラジオに送り、読まれました。

そのことになった瞬間、彼の言葉が途切れ途切れになりました。あんな風に「慎重に言葉を選んでいる」と感じたことは、彼のラジオを聴き始めて1年以上経ちましたが、初めてでした。そして、彼の口からグループ名が出ることもありませんでした。

 

 

彼らの中には「人を笑顔にする楽しさを知ったから」「この世界でやって行くと決めたから」と、大学に進学しなかったメンバーもいます。

この事務所のコーポレートサイトに「ファンの皆さまとアーティストが、夢と希望を持って、輝き続けることができるように」という文言があります。言葉は悪いですが、「舐めてるのか」という話です。彼らのことも、私たちファンのことも。

事務所が彼らに圧力をかけ、仕事を奪っているという仮定が、本当なら、20代の若者の人生をめちゃくちゃにしていると思います。人の人生をめちゃくちゃにしておいて、「夢と希望」はないでしょう。

 

 

皮肉にも彼らは夢と希望、そして未来を歌うグループです。

彼らがファンの前に姿を現した最後のコンサートでは1万人を超えるファンの前で「夢って最高だろう?」と叫びました。ひたむきに夢を追いかける姿を残していきました。

そして、最後にグループとして、ファンに届けた生の言葉は「俺たち頑張ります!」でした。

ファンは今、彼らが残してきた、未来への言葉を信じて、彼らの幸せを祈り、何かできることはないか、と行動へ移しています。

事務所に、雑誌の出版社にハガキを送り、彼らの公式写真をたくさん買いました。彼らの写真はよく売り切れます。それでも状況はなかなか良い方向へは行きません。

先日のその事務所の舞台のエンディングに全所属タレントのグループと名前が流れたそうです。でも、彼らのグループの名前はありませんでした。多くのファンが憤り、悲しみました。

でも、まだ、彼らのグループのファンは諦めていない人が多くいます。今回の件で「闘う」というファンの声をよく見かけました。雑誌にまだ出ているメンバーから載っていないメンバーの名前が出ることもあります。彼らが彼らのグループとして存在することを諦めないのなら、ファンも諦めません。

 

 

彼らと同じ事務所に所属するいろんなグループやタレントが結構好きでした。けれど、これからは純粋にそのグループやタレントを好きになれる気がしません。私は人の努力を平気で、そして理不尽に踏みにじる事務所を好きになれません。

そのグループやタレントたちはその事務所の加護の元、ファンを笑顔にしているわけです。

当然、私が好きなグループもその事務所に所属しているわけですが。

 

 

彼らのことについて、もうたくさんだと思うくらいに考えて来ました。私以外のファンもそうだと思います。私たちができることは、彼らの足枷が取れることを「待つ」ことしか残されていません。

 

 

一ファンである私は今は彼らのことを思うと苦しくて仕方ありません。

でも、彼らにお礼を言いたいです。夢を見せてくれてありがとう、と。

彼らの未来を思うとワクワクするし、彼らのことを好きになった私の毎日は輝いています。

 

 

 

どうか、彼らの未来が笑顔と幸せで溢れますように。

 

 

 

 

匿名希望

 

 

 

 

これ以上黙っているなんて酷だ

 

8月18日に発覚したMyojoの件によって溢れ出した本音を中心にまとめてます。

けど、あまりまとまってません。

 

 

 

アイドル誌Love-tuneメンバーがバラバラに載ったときはその切り口は予想してなかったっという感じで何かが崩れる音がした

 


自担は載ってた。贅沢な願いなのはわかってる。でも、Love-tuneの他のメンバーが載らないなら載らないで欲しかった。私は彼がお兄ちゃんたちいなくて、ちゃんと笑えるかな、って思った。いつもみたいな爆発してるような笑顔ではなかったけれど、ちゃんと笑ってた。 

間違いなくLove-tuneの末っ子だけれど、それと同じくらい彼は、彼らはプロだ。

 

 

メンバーに「こら!」と言われた回数はメンバー内でダントツに多いと思うけれどね(原因は主にイタズラ)

 

 

 

 

自分でも、よく分からないけれど、怜央が無所になる覚悟はどこかできてる。しばらく受け入れられないとは思うけど、覚悟はできてる。他のグループのバックに他のJr.と一緒にバックダンサーする、という光景はなぜか想像できる。

 

でも、他のメンバーが同じようになるかって思ったらそんなの想像できなくて、萩ちゃんの隣には謙ちゃん、その隣に美勇人くん、さなぴ、モロ、顕嵐ちゃんが近くにいるのが眼に浮かぶ。

 

 

2年前には想像できなかったかもしれないけれど、

 

その6人揃ったらピースを完成させるのは、

 

 

 

今や怜央しかいないんだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

あんまりヤクザの真似事とかしたくなくて、他のグループの人とかに鬱陶しがられるのも嫌だし、

自担グループに盲目な人って同じグループを好きになった人の「好き」っていう気持ちを邪魔するのも知ってる。

実際私は気がついたらデビュー組の元担のグループは箱推しできなくなってた。

 

 

 

 

そんなこんな言いながら、私は実際短気だし、喧嘩っ早いし、そんな自分の性が嫌でしょうがない。

でも、自分が大切なものが無くなったり、壊れたものと同然として扱われたら私は怒るに決まっている。

 

 

 

 

ものすごい自分の中で、矛盾と葛藤が入り乱れてる。

 

 

 

 

いっそのこと「ジャニーズJr.みんな大好き!」って言えたら良かったのに、とか思う。

 

 

 

 


だって、本当は、Twitterに呟いてるよりと何倍も、何十倍も、何百倍も心の中は嫉妬と文句と疑問で溢れてるよ。

そんな自分が嫌で、嫌いでしょうがないのに、マイナスな言葉が尽きることなくあふれてくる。

 

 

 

 

 

 

 


なんでLove-tuneカウコンいなかったの、なんでJr.祭りでできる曲数少なかったの、雑誌なんで減ったの、なんで美勇人くんFB卒業したの、本当は事務所から圧力かかったんじゃないの、なんでYouTubeにいないの、局動画他のグループよりダントツに長い君たちが興味を示さなかったとかあんまり信じられないんだけど、少クラなんで出なくなったの、Jr.の番組じゃなかったっけ?他のグループはバラエティとか舞台とかドラマとかあるのに、なんでLove-tuneだけ仕事もらえないの、何か悪いことしたの、ニート3夏公開じゃなかったの、なんでLove-tuneバラバラにドル誌載ってんの、なんでデタカにグループ無いの、もっとデタカ載ってる人たちよりも載せるべき人がいるでしょう、みんなが必死こいて送ってる要望どうなってんの、どこ行ったの、ちゃんと読んでるの?Love-tuneがこんな風になってる状況説明してくれないの何か事務所の方に落ち度があるんじゃないの、理不尽な理由があるんじゃないの、後ろめたいんじゃないの。

 

 

 

なんで、なんで、なんで?

 

 

 

…なんで?

 

 

 

本当はもっともっと人として嫌なこと思ってるよ

 

 


Love-tuneがいない少クラ見ては、昔からの仲間が、君らよりももっと長い間努力してきた先輩が、アイドルとしての武器、歌うこと踊ること更にバンドを封じられてんのによく笑ってられるな、とかどんどん黒い感情が湧いてきて、そんな自分嫌いでしかなくて、実家で録画してもらってた少クラは帰省したときにLove-tuneが出てるやつ以外は全部消した。予約も消してきた。

 


Love-tuneの動き封じ込めてる人なんかスクランブル交差点でピンヒールで小指踏まれたり、鳥のフンが頭に落ちてきたり、何もないところで転んだり、新築の事務所の床が抜けたり、壁に穴開いたり、途中まで作ってた書類のデータ全部吹っ飛んだりすればいいのに、とか思ってる。

Love-tune掲示した真っ直ぐな正義が君らのひん曲がった根性にぶっ刺さったんじゃないの?真っ直ぐすぎたんじゃない?眩しすぎたんじゃない?

 


事務所はコーポレートサイト作ってたけど何が「ファンの皆さまとアーティストが、夢と希望を持って、輝き続けることができるように」だよ。こっちは事務所が見せる現実と戦ってんだ。冗談もほどほどにしろ。笑わせんな。

「人を笑顔にする楽しさを知ったから」「この世界でやって行くって決めたから」って大学進学しなかったメンバーだっているんだよ。

ねぇ、これでもし人生めちゃくちゃになったらどう責任取るつもり。夢と希望どころじゃないじゃない。

 

 

 

「『肩並べから外れた』って言ってる人がいるけど、そんなにポジティブに考えられない。頭お花畑なんじゃないの」って言ってる人を見かけたことある。別に、ポジティブなんかじゃない。ただの「強がり」なんだよ。

そうでも言って、自分に言い聞かせないとやっていけなかったんだよ。

私が今まで書いたブログだって結局そうだよ。文にして整理したつもりだけど、な~~んにも整理なんかできてない。順番に並べただけで、引き出しに収まってない。

 


私だってもともとHiHi担だったくせに、HiHi担とかが、「謙ちゃんらじらー終わりだったら悲しいなぁ」とか呟いてるの見たら「外野が口出しすんな」って思う。いつ君らの自担が同じような境遇になるかも分かんないのに、なに呑気なこと言ってんのって思う。ただの妬み。

 

 

 

 


ここ半年以上、心の中で毎日ガラス割ってる気分。拳で殴ってる日もあれば、手の側面で殴ってる日もある。スマホも心の中でガラスに向かって投げてる。ずっと「なんで、どうして」「羨ましい」「いいな」「苦しい」「悔しい」「ふざけんな」みたいな言葉の嵐の中で毎日生きてる。でもそんな嵐の中で削られて残るのは「Love-tuneが好き。Love-tune7人で一緒にいてほしい」っていう気持ち。

Love-tuneが無くならないように、って動いてるヲタクを冷めた目で見てる人がいるの、知ってる。

長妻担のくせに箱推しかよっていう人もいるの知ってるよ。箱推しで何が悪い。私はLove-tuneが好きやもん。いちいちお前らに構ってられるか。ほっといてくれよ。

私と考えが相入れない人なんか山ほどいることは知ってる。少なくとも、頭にはある。でももう、そんな人のこと考えない。いるのが世界の常識で道理だもの。いちいち気遣いしないよ、わたしは。私は優しくないから。

 

なんでそんなに箱にこだわるか分からない、と言ったら本当でも嘘でもない。

でも、私は7人一緒にいてほしい。

 

合宿をして、Zeppで公演して、、って着実に一緒に7人は上を目指してきたと、思ってる。Jr.で公演が終わったあと何の涙かは当事者の彼らしか分からないけれど、悔し涙じゃない涙を流せるグループってそういないんじゃない?

もう、切るに切り離せない縁になってると思うんだよ。

 

全部村焼き尽くしそうな殺気を帯びることも、まるで家族のようなピースフルな空気を纏うこともある彼らをもっと見ていたい。

 

 

 

 


Love-tuneは7人で幸せになってほしい。

 

 

 

 


願いはただそれだけ。自分のことは自分で切り開くから、この願いだけは叶えてほしい。

ただのヲタクのエゴなのわかってるけれど。

 

 

 

 


ねぇ、なんでこんなにアイドルを好きになるだけなのに苦しいんだろう。毎月雑誌に名前があるかないかドキドキしながら待つのも、もうそろそろ限界に近づいてくるよ。

 

 

 

 


でも、私は何も諦めてない。いい加減諦めなよって言われるかもしれないけれど、私はLove-tuneが7人でステージに帰ってる日を待ってる。

あまり、検索とかしないけれど、たまたま目にしたツイートとかで息が止まりそうになったこともある。けど、諦めてない。

 

 

勝手に笑っとけ。

私らが足掻いてるの見て笑っとけ。

それで、いつか後悔しろ。

 

 

『遅咲きは最強です。今に見てろ。くそったれどもが。』*1

 

 

 

 


謙ちゃんが、らじらーでサザンオールスターズの「I AM YOUR SINGER」を流してくれて、Love-tuneに会うまでは涙流したくない、笑顔で待ちたいって思ったのに、全然、全然無理だよ。ステージ戻ってきてもきっと笑顔で見られない。きっと色んな感情が入り混じってずーーっと泣いてる。どんな明るい曲でも、どんなにLove-tuneが夢を、希望を、未来を歌ってもずっと泣いてると思う。

 


ねぇ、もし名古屋の亮ちゃんみたいにみんな泣いてても「泣くな!笑えよ!」なんて言っちゃダメだからね?

 

 

 

「好き」って気持ち、「Love」がどれだけ強いか!

「愛って僕らに絶対必要なものじゃん」ってLove-tuneって名前がついた時、美勇人くん言ったんだって

 

 

 

 


私たちが愛が届けられる場所に早くLove-tuneが戻ってきますように!!

 

 

今日もこれからも大好き!!!

夢を見せてくれてありがとう

だから次は君たちの夢が見たい!!

 

 

 

 



*1:すばるくんがいつかのレコメンで発した言葉

待つ、ということ

 

 

最近思うのは、Love-tuneが表に出てくるまでもう少し時間がかかるんじゃないか、ということ。

 

そして、気長に待つ準備も、ポツポツと要望を出す準備もできているよ、ということ。

 

 

 

これから以下の記事に沿う話をすることになるかもしれないけれど。

sparklestars.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

私は何かとジャニーズごとに関して待つことが多い

 

 

Love-tuneについては言うまでもなく、元担が地上波に一人で出るまで3年かかった。

 

 

ジャニーさんに入所当時「すごい子が入ってきた」と言わしめ、

超スペオキだった彼さえもあの事務所は干すのだ。(彼の場合は週刊誌が絡んでいたけれど)

 

 

 

 

 

そのグループのメインボーカルとして歌唱パートが多かったのに

突然1番でのパートが無くなったり、あったとしても一瞬。

 

 

おかげさまですっかり見切れている彼を探すが得意になって

皮肉なことにその能力はジュニア担になってから役に立ってしまった訳だけれど。

 

 

 

 

それから3年たって、彼の属するグループはデビューから節目の年を迎え、

おこぼれだったかもしれないけれど、彼はドラマに出られた。

 

 

 

 

 

やっと、呪縛が解けたと思った。

 

 

 

 

 

 

呪縛、という言葉がびっくりするほどぴったりだった。

 

 

 

私はLove-tuneがもどってきた時、呪縛が解けた、と思うのだろうか?

なんとなくだけれど、足枷が外れた、という表現の方が良い気がする

 

 

未来の話をするLove-tuneが眩しい。

 

 

 

 

 

 

私は、Love-tune

いつか7人で、戻ってきてくれたら、もう、何も言わない。

 

 

 

私事でいえば、人生で一番ライブに行きやすい時期にライブがないとはいかがなものか、とヤクザが暴れそうな話は置いておいて。

 

 

 

 

 

次、Love-tuneとファンが対峙したとき、きっとLove-tune

おまたせ!!ってきっとキラッキラの笑顔で言ってくれるんでしょう?

 

待ってた時間、なにも間違いではなかったよ、ってきっと教えてくれる。

 

 

 

 

 

 

 

仮に事務所がLove-tuneなど元から存在しなかった、というように

抹消しようとするのなら

 

 

 

彼らが私たちにくれた愛や思い出

何もかも両手に抱えきれないほど多すぎる

 

多すぎるよ

 

 

 

 

 

 

ずっと、ずっと待っているからね。

 

 

 

 

 

~余談~

 

今、嘘か本当かわからない話が割と広まっているように感じる。

基本的にそういう類いの話は信じるつもりはないのだけれど。

ああいうものは誰でもかけると思うし、

干されている理由がわからなくてモヤモヤしている

らぶ担の心理がうまく利用されているな、と思う。

 

仮に、仮に、謙ちゃんのことが本当なら

謙ちゃんだけでなく、Love-tuneを干したのは

事務所も頭悪くないなと思った次第。

 

謙ちゃんにとって最大の逆鱗であり地雷であるLove-tuneを干すのは

たぶん謙ちゃんの動きを封じ込める上で一番効果のあることなんだろう、と思った

 

 

 

 

このことに言及するのは、これで最初で最後。

 

 

 

 

これからのあなたの1年間もしあわせだったらいいな

安井謙太郎くん、27歳のお誕生日おめでとう!

26歳の君は幸せだったろうか。

そうだったらいいな、と思います。

 

 

いつも「らじらー!」で

生の声で楽しい時間を作ってくれてありがとう。

 

初めて一人暮らしを始めて、

新しい環境にもなかなか慣れない中

変わらなかった「らじらー!」を聞く習慣

 

 

土曜日があるから毎日頑張れてた。

 

 

今も、そう。

 

 

 

 

私は、なにを隠そう、謙ちゃんが全力で守ってくれる

Love-tuneLove-tuneのメンバーが大好きです。

 

 

 

でも、すべて背負いすぎないでね。

きっとメンバーも一緒に背負ってくれると思います。

 

それは謙ちゃん自身が一番わかってることかもしれないけれど。

 

 

 

謙ちゃんが、Love-tuneが、「夢って最高だろ?」って言ってくれるから

私はこの春、長年の夢に敗れたけれど

今も、諦めずに、自分が描いていたはずの未来に近づけるように

胸を張って、夢を追い続けられています。

 

 

 

謙ちゃんの

「僕たちはファンのすべてじゃない」という言葉は

正論でしかないし、謙ちゃんらしくて大好きだけれど

一ファンである私はLove-tuneが輝く未来を真っ先に望んでしまう

 

 

 

Love-tuneはもちろんのこと、

謙ちゃんに幸せになってほしい、

きっと謙ちゃんを大切に思う人の総意だと思う

 

 

 

27歳の謙ちゃんの大切な時間が幸せと笑顔であふれますように。

 

 

大好きだよ

 

 

ありがとう

 

 

 

 

 

自担二十歳のときもブログ書いてないくせになんやねん

って思う人もいるかもしれないけど(私が一番思ってます)

中間テストのまっただ中だったので許してください。

一つまともな言い訳をすれば、言葉にしただけ薄っぺらくなりそうだったから。

ただそれだけ

私にとっての4人のHiHi Jet

 

最近Myojo Liveのバックナンバーを買って、

4人のHiHi Jetを見たとき

正直涙が止まらなかった。

自分でもびっくりした。

 

 

私はたぶんどこかで思ったよりも「4人」のHiHi Jetに固執している。

 

 

 

 

東京B少年の勢いに消されないように必死に結束を固める4人

確かに存在しているのにどこか儚げな4人のHiHi Jetを愛しすぎた

 

 

 

 

 

5人のHiHi Jetsを受け入れられていない訳ではないし、

作ちゃんのことを好きじゃない、なんて考えはもってのほか。

 

 

 

 

 

 

そうじゃなく、なんていうのかな

たぶん自分の中の「潜在意識」なんだと思う。

 

 

 

今は自分の潜在意識を否定しようなんて考えはまったくない。

それを制御したところで制御できるはずなどないのだから。

 

 

 

 

 

ただ、私の中の記憶が思い出になることをじっと待つだけ

それでいつか、5人のHiHi Jetsを心から愛せたらいいな、って思う。

 

 

 

そう、私がすることはただ待つだけ

 

 

最近、待つこと多いね。

Love-tuneがまた私たちの想像を遥かに超えて

大きくなって戻ってくることを待ってる

 

いつか、「待つ」プロになっちゃうんじゃないかな

なんてね。

 

 

 

 

 

 

4人のHiHi Jetに固執してるなんて思いもしなかった

 

でもファンのうち1人くらい「あの頃」に浸かっててもいいじゃない。

 

 

 

 

 

 

でもいつか、私の中の4人のHiHi Jetが思い出になって

快く「さよなら」できたらいいな

 

 

 

 

もうしばらく、HiHi Jets担はお休みします。

 

 

大学受験一週間前に自担ユニットの増員を経験した話

 

HiHi Jetが増員した、というレポが流れたあの日のこと。

 

ただの備忘録みたいな感じですが、この前、増員したときの日記を読み返したら情緒不安定すぎて笑ったのでちょっと整理してここに置いときます。

そう、日記ってあれです。

 

 

 

あと、Love-tuneとHiHi Jetsは半年差でデビューするそうです(茶番)

 

って、そういう話はどうでもいいので、

 

本題に入ります。(たまにグレーの字ツッコミが入ります。)

 

2/19

作ちゃんがHiHiに来たーーーーーーー

優斗君ピンク?黄色にしようよ

ピンクってスペオキなの?いっせーとか謙ちゃんとか(おい)

舞台関係ないとき黄色でよくない?

またコンサートの時赤?ピンク?紫?わかんねぇよ!(泣)

「うるせえ!泣くな!」(cv.瑞稀)ってなっちゃうよ!

でも湾岸パステル紫は死守してほしかったーーーーー

めっちゃ似合ってたのに一回しか着れないの?

パステルピンクとか瑞稀とかぶっちゃうよ(その後、白に近いピンクではぎちゃんの湾岸衣装の形の衣装がいい、と一人で沸く)

ていうか、ロング丈なのよかったのにーーー

そしてちゃっかり身長最長枠とられたーー

優斗くんの背!!伸びろ!!長妻くんくらいまで伸びろ!!!

 

ピンクとか着ないわ!ピンクのものとか持ってないし!

 

 

瑞稀のセンターのために増員した感ある、って言ってる人もいたけど、それは感じかたそれぞれだし、いっそ優斗くんセンターでよくない?(出たモンペ)

両脇はしみずで固めるの強くない?(戯言)

作ちゃんと二人でツインタワーでもいいし。

 

でもはしみずフォーエバーで

そやゆとフォーエバーで

涼ちゃんはエレベーターのボタンを4押しそうになるくらいHiHiのHiHi愛はヤバいって、思ったし、

4人で遊ぶJet愛しくてしょうがなかったし、

「4人でスーパースターと言われるようになりたい」って帝劇で話す子もいるし、

「4人いれば十分だぜ!」って叫んじゃうし、

HiHiがHiHi担以上に「4人」という数字に固執しているような気もしていた。

 

ただ、4人のJr.のグループはYa-Ya-yah、B.I.shadowをはじめ、

「解体されやすい」ジンクスにドキドキすることはなくなるんだな、と思った。

なんか、明確なセンターがいないのが強みだと思った。(その後、らじらーで優斗より「センターは固定しない」という旨が伝えられた。)

 

 

そうやんは「4人でいる時間を増やしたい」って言っていたし、

「HiHi Jet4人で誰もが認めるスターになることが夢」って言っていたことも完全なる過去になってしまったと思うと淋しい(この話はLove-tuneとの話も合わせて大好きな話だった)

 

無所の中では圧倒的に作ちゃんが好きだけど、正直超複雑。

でも「減ってなかった」だけよかった(よく言った、私!)

 

あ~、、、長妻くん(まだ長妻くん呼びだったみたい)からマイナスイオン浴びる、、、

まじ心臓いてぇ。

 

 

ねぇ!私の化学のテキスト紫ばっかりだよ!!

どうしてくれるの!ねぇ!(おうおうどうしたいきなり)

 

あとさ、作間くんハイスペックだし、ローラーもできるし、アンチ少なめに見えるけど、

優斗のときはローラーもいまいちで爆推されだったから大変だったろうな。

よく耐えたね(突然のモンペ出現)

 

 

2/20

 

一夜明けて、なんか作ちゃんでよかった感がすごい。(睡眠すげー)

私でも無所の中からHiHiに入れるメンバー決めろっていわれたら作ちゃんにするわ。

平均年齢下がったし、平均身長上がったし、平均技術力もあがってたぶんよいことばかり。

「5人」という数字を手に入れたHiHiの無双感は単純にヤバい

作ちゃんのことは逆にHiHiのメンバーが「入れよう」って言ったのかな、と思った。

 

とくにはしみず。

 

かなりJrのトップを走ってきたと思われるB.I.Shadow(当時をよく知らない)から

2人が引き抜かれたところを見ているはしみず

HiHiでも引き抜かれるならきっとはしみず

JUMPでいうやぶひかポジで。

 

その2人のどちらか、もしくは2人がHiHiメンバーを「守る」手段として

作ちゃんをHiHiに入れたんじゃないか(まあまあ深読みしてんな、おい)

 

エレベーターで4を押したくなるくらい4人のHiHiを愛してやまない涼ちゃん

多くの人がモノを答える中、宝物は「メンバー」と答える瑞稀

これからもよろしくね。

 

 

優斗のメンカラがピンクになった今こそ

らじらーコンビでCandy歌うべき!(妄想いきなり来た)

LOVEけんちゃんのところをゆうぴーって書きかえて、周りで

HiHi vs Love-tune(応援合戦みたいな)とかすればおもろいのに(頭大丈夫?)

で、最後はらぶにお兄ちゃんしてほしい。

とりあえず美勇人くん瑞稀おんぶして(多分これが言いたかっただけ)

HiHiからはしみずが引っこ抜かれてデビューするんだろうなって考えたこともあった

そうなったらそやゆとは何で生きていくんだろう、って思ってた。

そうやんはローラーとダンスがあるけど優斗は、、、?とか考えてたな(自担もうちょいいろいろできるでしょ)

 

 

作ちゃんのメンカラ決めてるところ想像したらうちの自担お人好しすぎないか?(唐突)

 

 

2/22

今のところの見解は「最強の助っ人を得たHiHi Jet」という感じ。

というか今までこのJr戦国時代の中、よく4人でやってきたよ、って言った方がいいのかな?

Love-tune初期のころのパフォ見ても、普通にHiHi Jetよりも強そうだったし、クオリティ高かった(たしかヘブンリ見たんじゃなかったかな)

それでも7人に成ったのはやっぱり「生き残るため」だったのか、と思う。

本当に謙ちゃんに優斗が茶封筒渡しに来てほしいし、

それでその後HiHi単独の時にLove-tuneみんなで持ってきてほしい!!

 

 

2/24

優斗わりとまじめにセンターなの?

センター張る人自担にしたことなくてどんな感じなんだろう

でも双子ちゃんのシンメ両脇はしっくりきすぎててヤバい。

でもシンメくれ (出たパワーワード

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

わたしの日記はここで終わっています

まあ、見ての通り情緒不安定。てか散文。

というか、受験前なのにこんなによくかいてたな?!と驚きなのですが(ここまでで2800字超え)

 

こんなにポジティブだったんだねぇ

とか思っちゃうわけですけど。

 

ジャニーズ事務所は本当に受験生のこと考えていろいろ動かして欲しいものだなぁ

なんて最近よく思うわけですが。

今年受験生やってたら病む気しかしません。(特にJUMP箱推ししてたら)

しかも6月といえば私の絶頂病み気です。

 

担任の先生が頑張る気力がなくなったら諦めるしかないって言ってたけど

頑張る気力なくなっても、自分の目標に盲目になれば案外諦めずにさじを投げてしまうことはないと思うよ

まあ、無理はいいけど無茶はだめだよ。

 

 

んと、なんのはなしだっけ?

とりあえずこれからもジャ二ヲタは元気です

 

 

 

受験はちなみに2/25でした()